2017年11月21日

今年も残り40日

年頭に立てた今年は20冊以上の本を読むという目標が達成されていない
12月を目の前に焦る焦る
...なもんで、急遽本屋さんへ
前から気になっていたこの本

夢を売る男.jpg

著者の百田尚樹さんは多種ジャンルの作家で
ご存知の方も多いと思いますが、「永遠の0」の作者でもあります

文芸本で「○○作品募集」と謡い
選考予選落ちの作品を「惜しくも大賞を逃した」と
自費出版を進め
言葉巧みに作品をほめて「作家先生」とおだて
印税生活の夢を見させる
自己顕示欲と天才かもしれないとの膨れ上がった作者の妄想を「自費出版」というビジネスに変える
主人公の「牛河原」は個性的な人物で読み手はどんどん彼に引き込まれていきます

是非一読を

takebayasi.gif


posted by セキュリティ電工株式会社 at 10:37| Comment(0) | 経理担当の竹林
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: